京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > がんばれベンチャー
インデックス

囲碁サイト人気 プロ棋士が音声で指導

きっずファイブ開設
画像と音声で囲碁の指導を受けられるきっずファイブのサイト画面
 インターネット囲碁サイト運営のきっずファイブ(京都市南区)は、囲碁のプロ棋士がネットで打ち方を音声指導する囲碁教室サイトを開設した。手軽に受講できるため、開設後1週間で会員数が140人を超えるなど中高年の心をつかみ、出足は好調だ。
 きっずファイブは昨年、韓国オンラインゲーム大手の東洋オンラインと業務提携して、ネットで対局する囲碁サイトを開設している。今回は、プロ棋士の谷村義行八段が設立したIGC(奈良県葛城市)と提携し、ネット上でも受講できる「義行&ひろみの革命的初級講座」のサイトを今月17日に設けた。
 講座は毎週水曜と土曜の午後10時に開講。ネット上の碁盤を使い、画像と音声で谷村八段が打ち方をリアルタイムに解説。会員は、パソコンで文字を打ち込み、会話に参加が可能で質問もできる。会員登録は無料だが、有料会員は過去講座の閲覧が可能。初年度の会員数目標は1000人としている。サイトのアドレスはhttp://www.usagiclub.jp

【2007年1月26日掲載】