京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > がんばれベンチャー
インデックス

HP、成果報酬で受注 「利益が出ない場合はお金はいりません」

金の鍵
完全成果報酬型のHP制作事業について社員と話し合う王本社長(右)=草津市・金の鍵草津営業所
 インターネットコンサルティング業の金の鍵(彦根市)は、商業用のホームページ(HP)制作業でHPが生み出した利益に応じて制作料金を受け取る完全成果報酬型のサービス「クロフネ」を開始した。HP制作の初期費用を無料化して発注先の費用対効果を完全保証するサービスで、8月中に20件の契約獲得を目指している。

集客数などで換算

 従来のHP制作サービスは、制作にかけた人件費や時間などを勘案して受注先が価格を決める業者が多かった。新サービスは「集客数」「売上高」「求人数」というHPが生み出す経済効果を発注側が換算し、それに連動した成果報酬を金の鍵が受け取る。
 HPの成果で利益が出ない場合は、制作料は発生しない。HP制作業界では、これまでも部分的な成果報酬によるサービスはあったが、発注先が値段を決める完全な成果報酬型は「業界で初めて」(金の鍵)という。
 発注先にとってHP制作の初期投資ゼロで、完全な費用対効果が見込めるため、比較的気軽に導入できるのが利点。半年単位で契約し、運営途中には同社がHPの改編やアドバイスも手掛ける。
 2年前、立命館大大学院在学時にベンチャー起業した王本智久社長(26)は「受注先の企業の立場から考えた新サービス。滋賀県内の中小企業を中心に新サービスを拡大したい」と話している。

【2007年7月18日掲載】