京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > がんばれベンチャー
インデックス

ネット発 広告漫画が本に

守山のコンテンツ開発集団が製作 人情物語 読者の支持受け
藤井組がネットで公開した漫画を収録したコミック
 インターネット企画開発のベンチャー企業「まちおこし」(守山市)内で、ネット向けの漫画や動画を製作しているコンテンツ(情報内容)開発集団「藤井組」がネット上で公開している広告漫画がこのほどコミック化された。ネット公開後に4日間で閲覧が100万件を突破したオリジナル漫画などを収録し、ネット発の書籍としてヒットを目指している。
 藤井組が製作するコンテンツは、企業から受注して広告要素を物語の中に織り込んでPRするオリジナルの広告漫画に定評がある。ネット上で公開している漫画や動画は人情味あふれる物語が多く、読者から支持を得ており、ホームページには毎日多くの閲覧者が訪れている。
 今回は交通事故死した息子が経営していたカフェを引き継ぎ成功させる老夫婦を描いた漫画「かへ」がネット上で好評だったため、短編4編を集めてコミック「かへとその他の短編」として収録した。4編とも原作は藤井組、作画は山本揚志氏が担当している。
 発行はマッグガーデン社。初版は5000部刷った。752円。まちおこしでは「ネットから書籍になった珍しいコミック。他のコンテンツでも発売を検討したい」(西川興社長)としている。

【2008年2月27日掲載】