京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > MyウェイMyライフ
インデックス

最適な工程、瞬時に設定

NKE生産管理グループリーダー 村上友香さん
NKE生産管理グループリーダー 村上友香さん

 自動車工場の生産設備向け搬送機器やネットワーク部品など多様な製品の生産管理を引き受ける。営業所から注文が入ると瞬時に設計から部品調達、組み立てまでの最適な工程を設定する。「納期短縮など厳しい依頼でもできると信じて最後までやる。お客さんに満足してもらうためにできる限り努力を示すことが一番大事です」と言い切る。

 主要な製品だけで百種類を超えるが、それぞれに必要な部品や在庫状況などを常に頭に入れている。「生産管理グループは製造現場の司令塔。ここで間違えたら全部がたがたになってしまう」と気を引き締め、技術や購買など各グループとの連携を武器に多品種少量生産や短納期化などにきめ細かく対応する。

 入社後、生産に必要な部品などを用意する資材係や購買担当を順番に経験した。納期変更のたびに慌ただしくなる日々に「何でこんなにバタバタするのかなと思うようになった」。興味がやがて本気になり、生産管理への異動希望を出し、入社十四年目の二〇〇三年に念願がかなった。

 当初は出荷日と現場到着日の勘違いなど失敗もあったが、明るさと積極性で乗り越えた。製品ごとに納期に合った生産工程が頭の中でシミュレーションできるまでになり、〇六年四月にチーフに昇格した。「製造業の現場で女性が上がれるとは思っていなかったので、認めてもらってうれしかった」と振り返る。

 今月にリーダーに就任し、同社で女性初の管理職になった。部下は女性ばかり三人で、後継者の育成にも取り組んでいる。懸命に働く後輩の姿にかつての自分を重ねながら「みんなが活躍できる場を作り、自分で判断できる人材を育てたい」と夢を語る。

むらかみ・ゆか 成安女子短大(現成安造形短大)卒。1990年、中村機器エンジニアリング(現NKE)入社。資材課主任、生産管理係長、生産管理グループチーフを経て今年4月から現職。趣味は学生時代から続ける茶道で、師範免許を持つ。京都市出身。39歳。

【2009年4月26日掲載】