京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > MyウェイMyライフ
インデックス

通訳ガイド育成に熱意

トラジインターナショナル代表 金美花さん
トラジインターナショナル代表 金美花さん

 日本語と韓国語の通訳案内士の資格を持ち、両国の文化紹介からビジネス通訳、観光ガイドまで幅広く活躍する。福知山市の自宅を拠点に京都市内に活動を広げ、「韓国の人に日本の文化を理解してもらい、イメージを変えてもらえた時がうれしい」という。

 ソウルロッテホテル免税店に勤務していた88年に仕事で来日、日本文化に興味を持った。その後、日本に渡って京都市内で働きながら日本語を学び、日本人の夫と結婚。福知山市に移り住んで府北部で韓国語講座を開くなど韓国文化の紹介を始めた。「最初はホームシック。精神的にきつく逃げ出したい時もあった」。

 それでも日韓文化交流への思いはやまなかった。心を解き放った転機は、90年に参加した府連合婦人会の海外大使派遣事業。インドネシアで参加者の通訳を務め、「みんなの役に立って、いつかガイドになりたいと思った」。

 書籍や新聞を読み込み、ラジオを聞き続け、日本語と文化、歴史の勉強に励んだ。子ども3人を育てながら寝る間も惜しんでの勉強の日々に「家庭と仕事のバランスは難しい。いろんな女性の先輩の話を聞き、私だけでないと頑張れた」と振り返る。「日本と韓国どちらの文化も知ることが必要」と難関の通訳案内士の資格を両国で取得した。

 昨年度、資格を持った正規の観光ガイドの活用を推進する「全日本韓国語通訳案内士会」を設立し、代表に就任。今年4月からは府の女性チャレンジオフィス(京都市南区)に入居し、国交省の支援も得て「観光韓国語講座」も開催中で、次世代の通訳ガイド育成にも熱意を傾けている。「韓国と日本の懸け橋になりたい人は多く、仲間を増やして日本文化を正しく伝えたい。チャレンジオフィスが自分の思いを形にするきっかけになれば」と前を向く。

キム・ミファ 韓国・大邱出身。京都短期大家政科卒。宮中飲食研究院伝統餅菓教育院修了後、07年に個人事業でトラジインターナショナルを立ち上げた。韓国料理研究家でもあり、食文化をはじめ韓国の生活文化の紹介に取り組んでいる。福知山市在住、48歳。

【2009年8月16日掲載】