京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > MyウェイMyライフ
インデックス

HP制作会社育てて

でじまむワーカーズ 取締役 田中貴子さん
でじまむワーカーズ 取締役 田中貴子さん

 仲間とホームページ(HP)制作会社を草津市に立ち上げてちょうど10年になる。女性ばかり6人のスタッフのまとめ役で、「みんなで連携して依頼主が喜ぶサイトを作ることがうれしい」と言葉に充実感をにじませる。

 注文の受け付けや見積もり、納期管理など幅広い仕事の中で依頼主との打ち合わせが大事という。具体的なイメージがなく、「取りあえず作って」という依頼もある。「どんなデザインや機能がいいのか、要望を引き出すことが依頼主の満足度につながる」

 制作実績には滋賀県立環境科学館、県立工業技術センターなど自治体、公共団体のHPも多い。納期が短く作業が深夜に及ぶこともあるが、「アクセスが増えた」との依頼主の声が励みになっている。

 2男1女の母でもある。会社を作る前は家事や育児に追われる毎日で、「自分のやりたいことも追いかけたい」と気持ちをくすぶらせていた。

 転機は13年前。「何か始めよう」と、一般に普及し始めたばかりのインターネットに親しむうち、HP制作に挑戦する草津市の母親サークル「でじまむ」の存在を知り、迷わず参加した。そこで出会ったのがリーダーで現社長の寺本哲子さん(45)だった。

 当時はHP制作を請け負う会社が少なく、依頼が次々舞い込んだ。依頼主の薦めで寺本さんらと共同出資で会社を設立。「社長がブルドーザーのように仕事を開拓し、わたしが細部を調整する」役割分担で会社を育ててきた。今春から東京に居を移した寺本社長に代わり、日常業務の全般を取り仕切る立場になった。

 会社には現在、子育て中のスタッフが3人いる。「わたしは子育てで地域の人に助けてもらった。彼女たちも地域で人間関係を築けるよう手助けしていく」と柔和なまなざしをスタッフに向けた。

たなか・たかこ 京都大農学部卒。85年に東レに入社。長男の出産を機に退職後、99年に共同出資ででじまむワーカーズを草津市に設立、取締役就任。夫と3人の子ども、猫と犬それぞれ1匹と暮らす。福岡県出身。47歳。

【2009年9月27日掲載】