京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > MyウェイMyライフ
インデックス

エコ意識高まり 追い風

ダイキン空調京滋オール電化グループ課長 堀内新弓さん
ダイキン空調京滋オール電化グループ課長 堀内新弓さん

 オール電化住宅の関連設備の販売拡大に努めている。主力は自然冷媒のヒートポンプ式給湯器「エコキュート」。展示会などでの接客に加え、販売店や電気工事業者へのPRや販促支援に忙しい。「エコ商品への関心が最近急速に高まっている」と手応えを感じている。

 ダイキン工業の系列販社に勤める。主な営業先は新築や改築を手掛ける住宅設備業者だ。腕に自信があるものの口下手な職人気質の取引先は多く、「営業マンは断られるのに免疫があるが、職人さんは慣れていないものです」。業者と一緒にオール電化の特長を施主に説明することも多い。

 短大卒業後、一般職として入社し、伝票作業などの事務に10年間当たった。的確な仕事ぶりが評価され、2006年に総合職に。一般職時代の対外的な仕事は電話ばかりだったが、総合職の営業で外回りを始めると「人と会って信頼を得る実感がうれしく」やりがいが一層増した。

 3年前のある展示会で来場者に「新築をオール電化にしたのは、1年前の展示会でのあなたの説明が決め手」と言われ感激した。数百万円相当の設備を選んでもらえた、と実感し「その時以来『お客さんの大事な買い物』と肝に銘じて接客している」。昨年10月には管理職に昇進し、部下3人を率いる。

 金融危機直後は販売が2割以上落ち込み苦しんだが、今年は危機前の水準に戻りつつある。エコ意識の高まりもあり「今は30代の子育て層の関心が高い」と追い風を感じる。

 目下の目標は販路拡大。ダイキン主力製品のエアコンを取り付ける工事業者への支援を強化している。「滋賀で作られたエコキュートであることを広く知ってもらい、京滋でシェア1位を獲得する」

ほりうち・あゆみ 金蘭短期大国文科卒。1997年、一般職入社。営業事務などを経て2006年から総合職。エコキュートなどオール電化の営業を担当し、09年10月から課長。ウオーキングが日課。大津市出身。34歳。

【2010年8月29日掲載】