京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > MyウェイMyライフ
インデックス

京都企業、動画でPR

エーゲル社長 伊豆田千加さん
エーゲル社長 伊豆田千加さん

 企業が売り出す新商品のプロモーション映像制作やウェブサイトの構築、印刷物のデザイン企画などを展開している。

 予算が少なくても大企業に引けを取らない宣伝をいかに行うか。2007年、「プロモーションの実験的な試み」として、歌うことで顔の表情筋を鍛えるCD「顔筋ソング」を開発。それまで顔やせエクササイズソングがなかったことに加え、目の下が風船のように膨らんでいる金魚「水泡眼」をCDジャケットやチラシに採用して「楽しく行える美容」をPRした。CDは今も売れ続けており「この世になかったものを京都から全国に発信できた」。

 現在、力を入れているのがQRコードを使った動画の配信。企業紹介DVDの制作を多数手掛けてきたが、「忙しい人がわざわざDVDをみるだろうか」との思いが強くなり、名刺や商品に簡単に張り付けられるQRコードに着目。読み込むと動画CMが見られるモバイルQR「Do−ga(ドーガ)」を開発した。

 各携帯電話会社の機種をはじめ、多機能携帯電話や多機能携帯端末にも対応する独自システムで、映像制作からブランド構築までを支援。「短い時間の中で単なる企業説明でなく、視覚的に分かりやすく顧客にアプローチできる。動画を楽しい宣伝ツールとなるようにしていきたい」と力を込める。

 育児の催しや学習会などを企画するNPO法人理事長の顔も持つ。子育て中の親や学生、商店街関係者らとの幅広いつながりは「日々の生活でマーケティングができる」メリットがある。

 今後はNPOの活動を生かし、自己満足に陥らない企業宣伝の仕方を提案するとともに、地域の人がメディアで発信する力の向上が目標だ。「企業が顧客とより身近にかかわれる媒体のひとつが地域のメディアだと思う。京都企業の宣伝は格好良く、おしゃれで粋と言われるようになれば」。明るい笑顔で抱負を語る。

いずた・ちか 写真専門学校を卒業し、テレビ番組の制作会社に。その後、松竹京都映画撮影所の録音部で整音などを担当した。2005年エーゲル設立、09年に株式会社化。大阪芸術大非常勤講師も務める。趣味はアウトドアで、高校1年と小学5年の息子2人らとキャンプを楽しむ。京都市西京区在住。41歳。エーゲルは右京区太秦多藪町43の15。TEL075(882)6906。

【2011年5月15日掲載】