京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 湖国経済
インデックス

伝統の味を大切に ネット販売、観光と連動

(12)赤こんにゃく(近江八幡市)
ゆで上げた後、天日干しされる赤こんにゃく(近江八幡市・オサ平商店)

 食生活の変化で伸び悩むこんにゃく業界の中で、近江八幡市の伝統食「赤こんにゃく」が奮闘し、売り上げを伸ばしている。地域色を売り物に、インターネットなどで全国に販路を拡大するとともに市内観光とも連動し、市民だけではなく、県内外からも赤こんにゃくを求める声が増えているという。

 日本こんにゃく協会によると、2008年11月〜09年10月の全国のこんにゃく消費量は1世帯当たり5・3キロ。10年前と比べ1キロ以上減少した。協会は核家族化や、外食頻度が増えた食生活の変化が原因とみている。

 赤こんにゃくを製造、販売する店も市内で3店にまで減ったが、店主たちは「近年の年間売り上げは10年前に比べて1・5倍に伸びた」と説明する。ある店主は年間売り上げは数千万円という。

 乃利松(のりまつ)食品吉井商店(同市為心町上)は東京の百貨店への営業などに力を入れ、約10年前にはホームページ(HP)を立ち上げた。HPの売り上げは総売り上げの5〜8%程度だが、ネット販売をきっかけに取引関係になる業者も多く、年間1500キロの赤こんにゃくを注文する食品加工場もあるという。

 吉井昌之代表(68)は「HPでの注文は新しい食材を探す料理人や従来の客層に無い若い人が多い」と話す。

 同店は観光客向け販売にも熱心だ。バスガイドに「名物」と宣伝してもらい、土産店に試食品を配り歩いた。県外発送は、現在は10年前の2倍となる1カ月1000〜1500丁に増えた。

 オサ平(へい)商店(同市十王町)の梅村貞一郎さん(58)は、赤こんにゃくは20年ほど前から雑誌や新聞で取り上げられるようになったという。郷土食のブームの中で「ほかに無いものが求められている」とみる。1日に2千個を製造し、全国の料亭や問屋などからの注文販売が多くを占める。

 各店は、単身者向けのサイズの小さい製品や刺し身こんにゃく、味付けこんにゃくなど新商品開発も進める。

 近年、近江八幡市外にも赤こんにゃくを製造する店ができ、県内に本社を置く大手スーパーが市内の商店から入荷して県外へ販売するなど広がりが出てきた。好調な流れの中、梅村さんは「伝統の味を大切にし、何度も食べてもらえる商品にしていきたい」と話している。

<メモ>
 近江八幡市市史編纂(へんさん)室によると、江戸時代中期の資料に「八幡こんにゃく」という記述があり、歴史は古い。コンニャク芋の粉に三二酸化鉄を混ぜ、ゆで上げた真っ赤な色が特徴。赤い理由は織田信長の派手好きに起因するという言い伝えや、地域の祭りにちなんだという説などがあり、定かではない。

<ぷらすα>身近な食を見直して

近江八幡市内で製造・販売されている赤こんにゃくの商品

 「高校時代、私のお弁当の赤こんにゃくを見て、これは何?と友人にびっくりされた。赤いのを食べるのは近江八幡市だけなんだと初めて知った」。ある近江八幡市民がこう言うのを聞き、地域の人々に愛されてきた伝統食なんだと実感した。

 各地の名物が見直される「ご当地ブーム」は、それぞれの地域の風土や歴史の中で育ち、そこでしか得られない味が求められた結果だろう。何が受けるか。原石はそれぞれの地域の身近な食を見直す所にあるのだと思う。

【2010.11.28掲載】