京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 湖国経済
インデックス

熟練の伝統技術 袱紗や帯、名刺入れにも

爪織つづれ(守山市)
真剣な表情で手織つづれを織る職人たち(守山市・清原織物)

 昔ながらの木製織機の前で、職人が緯糸(よこいと)を通す杼(ひ)を左右に動かす。きびきびとした無駄のない動きで細かい模様が少しずつ仕上がっていく。ミシン糸ほどの細い糸を、下絵に合わせて一本一本、ノコギリのような形に整えた爪の先でかき寄せながら織り上げる。すべてが手作業。絵柄によっては1日で数センチ織り進めるのがやっとといい、工場には緊張感が漂う。

 「爪織(つめおり)つづれ」の技法は室町時代に始まったとされ、高級織物として珍重されてきた。京都の西陣では「爪掻(かき)本綴織(つづれおり)」といわれる。守山市に広まったのは大正時代。京都市右京区で技を伝えてきた職人が、京都の近くで職人養成ができる自然豊かな土地を求め、移り住んだことから根付いたという。

 「職人見習いが5人来ても、一人前になるのは1人だけ」といわれる厳しい修行を乗り越え、周辺では腕の良い職人が多数育ち、織物需要が多かった1960年代には、京都の織物業者が職人を求めて守山までやって来るほどだった。職人の独立などで、市内には織物業者が増加。最盛期には10業者ほどあったが、現在ではライフスタイルの変化などのあおりを受け、数軒にまで減っているという。

 守山市播磨田町の清原織物では、技術を生かして大阪国際会議場などの緞帳(どんちょう)をはじめ、袱紗(ふくさ)や帯、祭りのおみこしを彩る帷(とばり)など手広く作っている。野洲市出身の元関取、蔵間の三上山を背景に琵琶湖の湖面で飛び跳ねるコイという、地元色あふれる絵柄の化粧まわしも手掛けた。

 近年、着物離れや結納の際にも袱紗を用いないなど需要の減少があるが、インターネット通販や地元イベントにも出店を始めるなど新たな試みを始めている。名刺入れやテーブルランナーなど、身近に使ってもらいやすい商品も開発。若者が直接、工場を訪れて買っていくこともあるといい、製造課主任の筈井弘子さん(68)は「商品から感動は伝わっている。人の手による、手間がかかっている良さが見直され始めている」と手応えを感じている。家紋に使う円形など、熟練の技がないと困難だという表現力を武器に、需要減少に歯止めをかけようとしている。

 30年以上織り続けている寺田千恵美さん(55)は「商品はすべて一品物。お祝いの席や晴れ舞台などのイメージに合った絵柄を楽しみながら使ってもらえれば」と話している。

<メモ>
 爪織つづれは、経糸(たていと)1本ごとに緯糸を上下させて織り込むのが特徴で、裏表で同じ絵柄を織り込むことができる。帯では母と娘が親子二代にわたって裏表で使うこともあるといい、県伝統的工芸品に指定されている。

<ぷらすα>職人の爪誇りの証し

袱紗や帯、名刺入れなど多彩な手織つづれの商品

 やすりを使い、あえてギザギザに整えられた職人さんの爪が印象的だった。くしのように爪を使う職人さんは「道具を使うよりも、じかに感触がわかります。爪が何よりの道具かもしれません」と、笑顔で話してくれた。

 完成した名刺入れを手に取ると、細かい文様に手作業ならではの温かみを感じた。ノコギリのような爪が誇りある職人の証しに思えた。

【2011.05.22掲載】