京都新聞TOP > 特集アーカイブ >
インデックス

KAレンジャー碑

交通安全へ闘う
子どもたちの交通安全を願うKAレンジャー(京都市中京区御前通四条下ル)
 御前通に面した朱雀第七小の校門の南側に珍獣が出現! 銀色で背丈は二メートルほど。「交通安全」のたすきをかけ、両手で「無事故で明るい朱七学区」の看板を掲げる。
 子どもたちに交通安全を分かりやすくアピールするものはないか。こう考えた地元の朱七交通安全協議会は堀川署に相談。東映の協力で、テレビの人気番組「仮面ライダーアギト」に登場したキャラクター「タートルロード」を譲り受けた。
 タートルとは亀という意味。同会の高田泰吉会長(六一)は「亀のようにゆっくり進もうよって。交通安全を訴えるのにピッタリでしょ」と話す。二年前にこの場所へやって来た。名前は同小の児童に考えてもらった。「Kotsu−Anzen(交通安全)レンジャー」。親しみやすく、KA(ケーエー)レンジャーと呼んでいる。
 腰と足首を鎖で縛りつけられた姿が少し窮屈そうだが、転倒と盗難を防止するのだから、KAレンジャーはじっと我慢。雨の日も風の日も力強く立ち、子どもたちの交通安全と健やかな成長を見守り続けている。