京都新聞TOP > 特集アーカイブ >
インデックス

師弟愛の像

崇高な精神に涙
台風におびえる子どもたちを、女性教諭はわが身に引き寄せてしっかり守っている(京都市東山区林下町)
 円山公園を抜けて知恩院三門へ。その手前に「師弟愛の像」は建つ。観光客が行き交う場所にあるが、像に気づく人がどれほどいるだろうか。  中央の女性は祈るようなまなざしを宙へ向ける。七人の子どもたちがおびえきった顔で、その女性にしがみつく。
 一九三四(昭和九)年九月二十一日。日本列島は室戸台風の直撃を受けた。京都市でも午前八時ごろから風雨が強まり、家屋や神社仏閣の倒壊、損傷など大きな被害が出た。小中学校の校舎も吹き飛ばされた。右京区の淳和小(現在の西院小)では児童三十二人、教諭一人が亡くなった。
 松浦寿恵子先生は児童をかばい、命を落とした。その崇高な精神をたたえ、市民有志が像を建てたという。吉井勇は「死線を越えた師弟純愛」と形容、台座に「かく大き 愛のすがたをいまだ見ず この群像に涙しながる」との歌を刻んだ。
 像の脇を犬を連れた男性(七一)が通りかかった。「この先生の話は、小学生の時によく聞きました。今の教育現場は、こんなきずなや愛情が少なくなったのでは」と話した。