京都新聞TOP > 観光アーカイブ > 門前の名物
インデックス

おせきもち

城南宮
 創業450年、鳥羽街道の茶屋に起源を発する。看板娘の「おせき」から品名、屋号となった。餅の上に丹波大納言の粒あんが乗っている。このあ んが編み笠の形をしているのが特徴。甘すぎず飽きのこないすっきり感が好ましい。
 餅2個とお茶で310円。安すぎるのでは。
 車で来店する持ち帰りの客が大半とか。出店はないのでここに来ないと味わえない。賞味期限は1日。「生ものですから」。おはぎも大きくておいしそう。

お店情報

おせきもち
営業時間:am8:30-pm6:00 定休は毎週月、火曜
住所:京都市伏見区中島御所ノ内町16
電話:075-611-3078
http://osekimochi.jp/