京都新聞TOP > 観光アーカイブ > 門前の名物
インデックス

茶だんご

宇治平等院参道
茶のだんご
 最近は宇治の名物といえば中村藤吉の抹茶ゼリーや伊藤久右門の抹茶パフェが人気だが、もとより宇治銘菓といえば、茶だんごではないだろうか。
 平等院参道を中心に多くの店で土産物として売られており、7店の和菓子店とお茶屋(茶の製造者)が製造販売している。歴史はそれほど古くはなく1717年創業の能登椽稲房安兼(のとのじょう いなふさやすかね)は、大正時代からの製法と味を守っているという。店の奥で午前中に作り、その日のうちに店頭でのみ販売する。あっさりした上品な甘み。30粒420円など。

お店情報

能登椽稲房安兼(のとのじょう いなふさやすかね)
営業時間:am9-pm6 定休は木曜日と第3水曜日(ただし祝日のときは翌日)
住所:京都府宇治市平等院表参道
電話:0774-21-2074