京都新聞TOP > 観光アーカイブ >ふるさと昔語り
インデックス

(138)俊成さん(京都市下京区)

平安歌人 今も身近
烏丸通沿いに鎮座する俊成社。地元吉成俊成町の人たちが交代で守っている(京都市下京区)
 京都市下京区烏丸通松原の角、わずか二メートル四方ほどの敷地に、高さ一メートルほどの木のほこらが鎮座する。平安時代末期の歌人、藤原俊成をまつる俊成社だ。八階建てビルのすぐ北側にあり、真夏でも日陰で涼風が吹き抜ける。近くの人は「俊成(しゅんぜい)さん」と呼び、親しんでいる。
 藤原俊成は、勅撰(ちょくせん)集の千載和歌集の選者として知られる。邸宅が五条通(現在の松原通)にあったことから「五条三位」と呼ばれた。一帯には今も町名に俊成の名が残り、ゆかりの神社が建つなど平安歌人とのかかわりが深い。
 平家物語には、西国へ都落ちする薩摩守忠度(ただのり)が和歌の師として仰いでいた五条の俊成邸を訪れるくだりがある。一度は京を出発した忠度一行がとって返し、「勅撰集に一首でも入れてくだされば、遠いあの世からお守りします」と、百余りの自作の和歌を鎧(よろい)のすき間から取り出して俊成に託すのだ。
 忠度は平清盛の末弟。とがめを受けた身だった。俊成はあえて読み人知らずとし、「さざなみや 志賀の都は あれにしを むかしながらの 山ざくらかな」を選び入れた。
 俊成はまた、祭神が和歌の神という紀伊国・玉津島明神を邸内に勧請した。これが俊成社近くにある新玉津島(しんたまつしま)神社の起源とされる。
 俊成邸の場所は諸説あるものの、現在の烏丸通松原一帯にあったといわれる。俊成社は後世の人により、俊成邸跡のしるしとして、民家の裏庭にこぢんまりと建てられた。烏丸通松原から東の一帯は江戸後期に、名前も俊成町と改められた。当時の因幡堂前町の人々が奉行所へ願い出て認められたのだ。
 これを喜ぶ当時の書面が、長年地元に住む玉虫力さん(七八)方に保存されている。玉虫さんは木箱の書面を手に取り「二十年ほど前に蔵の天井裏から見つかった。『いなり焼け』(明治七年、一帯が焼けた大火災)でも、うちとこだけ蔵が焼けんと残った」と語る。太平洋戦争中に、疎開で住人が激減したため、俊成町は、同じ事情の南隣の吉成町と合併し、吉成俊成町となった。
 「神様のことやし、ばちが当たったらいかん。何があっても守ってや、と近所の人に言うてます」と玉虫さん。俊成社は玉虫さんら俊成町の数軒の人々が輪番で掃除し、現代に守り伝えている。
【メモ】平家物語をもとに後年、謡曲「俊成忠度」が誕生し、現在も能の演目となっている。俊成の息子は、小倉百人一首を編さんした藤原定家。俊成と定家の子孫が歌道の宗家、冷泉家で、和歌の伝統を現代に受け継ぐ。俊成社へは京都市営地下鉄五条駅下車すぐ。参拝は自由。

【2007年8月16日掲載】

各ページの記事・写真は転用を禁じます。著作権は京都新聞社に帰属します
ネットワーク上の著作権について 新聞・通信社が発信する情報をご利用の皆様に(日本新聞協会)
電子メディアおよび関連事業における個人情報の取り扱いについて
京都新聞TOPへ