京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[急行100系統]京都駅前−銀閣寺前

ガイドが流れる観光路線
たくさんの観光客が訪れる五条坂周辺(京都市東山区)
 車内には、京都の地図や旅行本を手にしたカップルや外国人。京都駅を出発した桜色の車体の「洛バス」だ。日本語と英語の音声ガイドが流れ、次のバス停周辺の見どころを教えてくれる。
 市内の観光ルートを走る急行路線で、一九九二年に誕生した。京都駅前と銀閣寺前を起・終点とする変則的な循環路線。三十三間堂や知恩院など東山三十六峰付近の観光地を巡るのに便利だ。
 二十五分後、五条坂で下車した。名古屋市から来た伊藤清治さん(四七)、秋子さん(四三)夫妻と、商店の立ち並んだ清水寺門前町の坂を上がる。妻の秋子さんは「レトロ調のチンチンバスに乗りたかったです」と残念そう。
 同路線では、市電をイメージしたチンチンバスが一日最大十二本走り、これを目当てに乗り込む観光客もいるという。
 清水道から再び乗車。市動物園ではお年寄りが多く乗り込み、座席を埋めた。車内では絶えず、周辺の寺院の見所や歴史を教える観光案内が流れている。京都市民もたまに乗ると、あらためて学習するいい機会になるかも。

 【メモ】 主な経路は京都駅前〜東山七条〜五条坂〜清水道〜祇園〜東山三条〜京都会館美術館前〜東天王町〜銀閣寺前。営業距離15.5キロ。平日運行回数約50回。1日の乗車数は約2100人(2002年度市交通局調べ)。