京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[81系統]横大路車庫前−京都駅前

歴史薫る伏見を経由
たくさんの人出でにぎわう商店街(京都市伏見区)
 多くの人出でにぎわう京都市下京区のJR京都駅北側の停留所を出発した。車内はほぼ満席。バスは国道24号を南進し、名神高速道路の高架をくぐり、やがて商店や民家が立ち並ぶ一方通行に入る。数人ずつがまとまって下車していく。中書島を過ぎて伏見区中心部を通り抜けたころには、車内には数人が残るばかりとなった。
 京都駅と同区南部を結んでおり、区中心部にある区役所や主要鉄道駅を経由する住民の足となっている。また訪れた観光客を、観光資源の集まる区中心部へ運ぶ路線でもある。
 西大手筋で下車した。アーケードのゲートを構える大手筋商店街では、多くの買い物客らが行き交う。ここから徒歩で十分ほどの距離に七つの商店街が集まる。
 酒どころ・伏見を実感できる古い酒蔵や、寺田屋をはじめ新選組にちなんだ史跡も点在する。江戸時代の木造船を再現した三十石舟と十石舟の発着点もある。
 再び乗車。バスは宇治川を左に見ながら外環状線を西へ。終点の横大路車庫が近づいてきた。

 【メモ】 主な経路は横大路車庫前〜中書島〜西大手筋〜棒鼻〜深草下河原町〜大石橋〜京都駅前。営業距離は往路で9.2キロ。所要時間は約35分で、平日運行回数50回。1日の乗客数は3329人(2002年度市交通局調べ)