京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[84系統]京都外大前−京都駅八条口アバンティ前

緑多い工業地帯巡る
自転車や散歩の市民が行き過ぎる。秋の深まりを感じさせる川沿いの堤防(京都市南区吉祥院新田下ノ向町)
 赤字路線で、今年七月からエムケイのジャンボタクシーが代替輸送している。地下鉄や近鉄、阪急の各駅をつないでおり、地域住民には欠かせない路線だ。始点の京都駅八条口アバンティ前で乗り込んだ。
 河原町通を南へ進み、十条通で右折。親子連れが乗ってきた。「お客さん、どちらまで?」。運転手が目的地を聞く。目当てのバス停に到着すると、客が何も言わずとも停車した。タクシー気分になるとはいえ、停留所以外で降りられないのはバスと同じだ。
 吉祥院運動公園前で下車し、桂川まで歩く。自転車と歩行者専用道路となっている堤防に出ると、ボール紙を尻に敷いた子どもたちが、歓声を上げて土手を滑っているのが目に入った。カキの実の黄色が、秋の深まりを感じさせる。再び乗車。
 通勤で利用するという女性(七七)は「このあたりは工業地帯だが緑も多い。ジャンボタクシーになって増便され、便利になった」と喜んでいた。代替輸送の開始後二カ月で、乗客は約25%増えたという。

 【メモ】 主な経路は京都駅八条口アバンティ前〜十条駅前〜上鳥羽〜吉祥院長田町〜葛野大路九条〜阪急西京極〜京都外大前。営業距離は往路10・2キロ、復路10キロ。平日運行回数27回。一日の乗客数275人(2004年度市交通局調べ)