京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[37系統]西賀茂車庫前−三条京阪前

生活の足 季節も実感
日なたぼっこするハトたち。桜もつぼみとともに春到来を心待ちにしているようだ(京都市北区)
 雪が時折舞い、寒の戻りを実感する昼すぎ、京都市東山区の三条京阪前のバス停で乗り込んだ。窓から差し込む日光と暖房で、車内はぽかぽかとして、外とは別世界。
買い物袋を手にした女性がまどろみ、女子高生たちがおしゃべりに夢中になっている。
 三条大橋を西に向かい、河原町通を北上する。混雑するビル街を抜けていく。歩道に目をやると、花粉症対策か風邪の予防のためマスクを付けた通行人が多い。この路線は観光よりも市民の生活の足として利用されているのだろう。買い物袋を下げた乗客が数区間に乗っただけで降りていく。市バスでは唯一通る出雲路の賀茂街道へ、葵橋西詰から入った。
 日差しを反射して、鴨川がきらきら輝く。道路脇に植わった桜の枝先のピンク色に気付き、出雲路橋で下車した。つぼみは一センチほどにふくらみ、今にも花開きそう。ジョギングする学生や、自転車の主婦が通り過ぎる同橋西詰めの広場では、約百羽のハトが首をすくめて日なたぼっこ。穏やかな春の到来を待ちわびているようだ。

 【メモ】 主な経路は三条京阪前〜河原町三条〜葵橋西詰〜出雲路橋〜北大路バスターミナル〜賀茂川中学前〜西賀茂車庫前。営業距離は往路10.4キロ。平日運行回数は56回。1日の乗客数は約3887人(2004年度市交通局調べ)