京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[19系統]京都駅前−横大路車庫前

城南宮へ国道1号南下
ミツバツツジを写真に収める参拝客(京都市伏見区・城南宮)
 JR京都駅前(京都市下京区)を起点に、八条通、竹田街道、九条通を経由して国道1号を一路南へ。大手筋、中書島一帯を巡った後、外環状線を横大路車庫(伏見区)まで西進する。
 平日の昼前、京都駅前を定刻通り出発した。近鉄東寺駅や南区役所、市民防災センターでも乗り降りはまばらで車内は静かだ。国道1号を走り十条通を超えると、沿道には工場や物流倉庫、ガソリンスタンドなどが目立ち始める。鳥羽大橋で視界がぐっと広がる。鴨川の緑が目に優しい。
 「方除の大社 城南宮」。絵馬の看板を見て下車した。庭園では淡い紫のミツバツツジに、多くの参拝客がカメラを構える。ササの揺れる音が心地よく、国道の騒がしさが遠のいた。
 再び乗車し、大手筋に入ると病院前でお年寄りらがどっと乗り込み、次の商店街近くであっという間に降りた。最も混雑した五分間だった。
 濠川沿いに続く桜と柳の並木道。三栖閘門を包む桜。四月初旬の風情が目に入るが、観賞する余裕はなく、終点の横大路車庫に着いた。

 【メモ】 主な経路は京都駅前〜大石橋〜東寺南門前〜市民防災センター〜城南宮〜西大手筋〜中書島〜横大路車庫前。営業距離は往路、復路とも12.1キロ。平日の平均運行回数18本、1日平均乗客数549人。(2004年度市交通局調べ)