京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[西6系統]桂坂中央−桂駅西口

閑静な住宅街ぐるり
桂坂から見える京都市内の夜景(京都市西京区)
 夜の阪急桂駅の西口バス乗り場は、洛西方面へ帰宅する市民で長蛇の列ができていた。午後九時四十七分発のバスに乗った。乗客は十人ほどで、前に座ったサラリーマンはすぐ居眠りを始めた。
 三ノ宮街道を越えて国道9号を東進し、左折すると、御陵坂に入った。エンジンがうなる。規則的に並ぶ街灯の下を縫うように走り、京都大桂キャンパスを横切ると、閑静な住宅街の明かりが目に飛び込んできた。
 しばらくして車内アナウンスが鳴った。「桂坂センター前から桂坂小学校までの間は、降車専用ステーション『おりばステーション』に停車しますのでご利用下さい」。今年三月十八日から子どもや女性の帰路の安全を考え、午後九時以降に桂駅と京都駅を出るバスは「星の坂」と名付けた五カ所にも停車する。標柱はないが、かすかに減速するので見分けがつく。バスは住宅街を反時計方向に回り、終着。一帯は静かで空気が澄み、夜空もきれいだ。山の間から京都市内の夜景が見えた。帰りは、車窓に京都タワーの白い光が流れ、なんだか得した気分になった。

 【メモ】 主な経路は、三ノ宮街道〜京大桂キャンパス前〜桂御陵坂〜峰ヶ堂町三丁目〜西桂坂〜桂坂小学校前。営業距離は往路、復路とも8・8キロ。平日運行回数は35回。1日の乗客数は1283人(2004年度市交通局調べ)