京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[急行102系統]錦林車庫前−北大路バスターミナル

車内では英語案内も
木々に囲まれた足利尊氏の墓(京都市北区・等持院)
 黄色を基調とした車体には大きく「洛」の文字。102系統は、外国人観光客の利用を狙った観光路線「洛バス」のひとつ。銀閣寺や北野天満宮、金閣寺など市内の観光名所をめぐる。錦林車庫前で乗り込むと、さっそく銀閣寺の案内が日本語と英語で流れ始めた。
 とはいえ、この時期は修学旅行生の利用が多い。銀閣寺道で早くも制服姿の中学生で埋まり、北野天満宮ではとうとうすし詰め状態に。「学生さーん、もう少し前に詰めて」。運転手の声もトーンアップする。
 金閣寺前で全員が下車。後続のバスからも続々と修学旅行生が降り立つ。人混みに疲れ、バス停前の喫茶店主に静かな穴場を尋ねると、足利尊氏の墓所で知られる等持院を勧められた。バス停を二つ戻り、北野白梅町から足を伸ばした。
 夢窓国師作と伝えられる庭園はサツキが咲き始めており、霊光殿ではずらりと並ぶ足利歴代将軍の木像に圧倒される。庭園を歩くと、ひっそりとした静けさに包まれていた。再び乗車。金閣寺前からは空いた車内でゆっくりと風景を楽しめた。

 【メモ】 主な経路は錦林車庫前〜銀閣寺道〜出町柳駅前〜烏丸今出川〜北野天満宮前〜金閣寺道〜大徳寺前〜北大路バスターミナル。営業距離は往路10.2キロ。平日運行回数18回。1日の平均乗客数は1516人(2004年度市交通局調べ)