京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[17系統]京都駅前−錦林車庫前

多様なエリアつなぐ
修学旅行生らで平日もにぎわう銀閣寺(京都市左京区)
 ある平日の昼前。京都駅前から、繁華街や学生街、観光名所と京都の特徴的な場所を巡る17系統に乗った。乗客は十二人で車内はゆったり。バス路線地図を広げる観光客らしき人、スーツ姿の男性、若い女性二人組…。
 バスは出発してすぐに、河原町通を北上する。四条河原町で、楽しそうにおしゃべりをしていた女性連れが降りる。外は快晴。女性は日傘をさし、若者はアイスクリームを食べながら歩く。次の河原町三条までは、飲食店や洋服店などが並び、店先の浴衣に夏を感じる。
 河原町今出川でバスは右折。立て看板が並び、学生たちであふれる百万遍、京大農学部前を過ぎると、道行く主役は銀閣寺に向かう修学旅行生や参拝・観光客に。いつのまにか乗客はほとんど降り、終点の錦林車庫前で降りた若い男性に声をかけた。
 東京大大学院生の松尾信一郎さん(二四)は京都大での数学の講演を終え、銀閣寺に行くつもりが乗り越したようだ。「哲学の道も歩いて、天気がいいので外で数学の本を読むつもり」。哲学の道はやはり思索の道のようだ。

 【メモ】  主な経路は京都駅前〜塩小路高倉〜四条河原町〜京都市役所前〜出町柳駅前〜百万遍〜銀閣寺道〜錦林車庫前。営業距離は往路、復路とも7.9キロ。平日運行回数68回。1日の平均乗客数は3988人(2004年度市交通局調べ)