京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[29系統]洛西バスターミナル−四条烏丸

松尾大社の鳥居、横目に
新緑に映える赤い鳥居。昼間でも人通りが少なく、静けさを味わえる(京都市西京区・月読神社)
 始発の四条烏丸、近くに住む吉田昭一さん(七九)と一緒にバスを待った。「千代原口の病院に行くんよ。阪急電車のほうが早いけど、一本で行けるし、歩く距離も少ないしな」。午前九時四十分に出発した。乗客は六人。「平日のこの時間はいつもこんな感じやね」
 四条通を西へ進む。桂川を渡ると松尾大社の大きな鳥居が目に飛び込む。乗客が増え始めた。右京区の竹田峰夫さん(六七)、敏子さん(六二)夫妻は「エミナースの竹の郷温泉に行きます。週一回の楽しみ」と笑う。前の席の女性二人も「私たちもお風呂へ行くの」
 千代原口から国道9号を走り、洛西ニュータウンの中へ。洛西総合庁舎前の境谷大橋のバス停で、竹田さん夫妻をはじめ大部分の人が降りた。終点はすぐ近くなのに数人が乗り込んできた。バスはここから大枝西新林町、東新林町を循環して、四条烏丸から約一時間で終点へ着いた。
 帰りは苔寺道で下車した。松尾山のすその住宅街を北へ歩いてみる。月読神社の境内へ入った。大木の枝を、風が優しく揺らしていた。

 【メモ】 主な経路は洛西バスターミナル〜新林センター前〜国道中山〜千代原口〜苔寺道〜松尾大社前〜京都外大前〜四条烏丸。営業距離は往復ともに14・7キロ。平日運行回数は31回。1日の乗客数(平日)は2900人(2004年度市交通局調べ)