京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[西2系統]洛西バスターミナル−桂駅西口

緑豊か ニュータウンへ
並木道が続く洛西ニュータウン(京都市西京区)
 ある日の昼下がり。重たげな曇が空を覆い、今にも雨粒がぽつりと落ちてきそう。傘を忘れたことを後悔しつつ、阪急桂駅西口から洛西バスターミナル行きに乗車した。
 乗客は二十人。空模様とは対照的な若者の明るい会話が車内に響く。バスは線路沿いを南下して右折。しばらく走り、竹林に囲まれた京都明徳高校前を過ぎると、洛西ニュータウン内の境谷大橋で乗客がどっと下車した。ぱらぱらと雨が降ってきたため、洛西総合庁舎やラクセーヌ専門店などに皆、急ぎ足だ。
 バスは新林本通へ。ニュータウン内は、種々の並木が道を彩るだけでなく開発以前の竹林も一部で保存されており鮮やかな緑が心地よい。車窓を流れる立派な樹木に目を奪われていると、あっという間に終点に着く。
 帰りは境谷センター前で降りて、枝葉がつくる緑の屋根の下を歩いた。時折落ちてくるしずくがほおをかすめて、ひんやりと気持ちがいい。もっと降れと、先ほどまでと反対のことを考えてしまう。夏をしのいだ木々も、きっと同様の思いだろう。

 【メモ】 主な経路は洛西バスターミナル〜東竹の里町〜洛西高校前〜北福西町1丁目〜三ノ宮街道〜野田町〜阪急桂駅西口。営業距離は往復ともに7・5キロ、所要時間は約30分。平日運行回数は96・5本。1日の平均乗客数は5839人。(2004年度市交通局調べ)