京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[27系統]京都外大前−西大路四条

203番に乗り継ぎ 無料
203番に無料で乗車できる「乗継券」
 聖徳太子が建立した広隆寺への参道だった太子道から乗車した。市バスの中でも短い路線で、住宅街を通り抜ける。シルバー人材センターで働く廣田恭子さん(七〇)=右京区=は「毎日利用しています。ほんと助かります」とほほえむ。昼間はお年寄りがほとんど。途中には大型ショッピングセンターが三軒もあり、まさに生活道路だ。
 バスの前方にはなんと、203番に無料で乗車できる「乗継券」がついている。もともと27番は四条河原町まで行くバスだった。しかし、路線見直しで短くなったため、二〇〇四年三月、利用者の利便性を図るために取り入れた。券は乗車日の九十分以内しか使えない仕組みになっている。
 十五分ほどで京都外大前に着いてしまったので、再び乗り直す。道はすいておりスムーズ。梅津営業所は四条河原町を通る路線が多く、林宏志運転手(三六)は「このバスは車と人の混乱から離れられます」と話す。太子道でピンク色の乗継券を取り下車した。さあ、203番でどこに行こうかな。ちなみに203番からの乗継券は青色らしい。

 【メモ】 主な経路は京都外大前〜右京ふれあい文化会館前〜太子道〜西大路四条〜西大路五条〜光華女子学園前。営業距離7.4キロ。平日運行本数80本。1日平均乗客数は1202人(2004年度市交通局調べ)。