京都新聞TOP > 特集アーカイブ
過去の特集記事

[西8系統]洛西バスターミナル−桂駅西口

近くに古墳、古代の息吹
ニュータウンの中で古代の息吹を感じられる福西遺跡公園(京都市西京区)
 平日の午前十一時前、桂駅西口から乗った。新山陰街道から洛西ニュータウンの福西学区に入り、新林学区へと巡回する路線で、運行時間は午前十時から午後四時台まで。朝夕はそれぞれの学区と桂駅を直接つなぐ便利な「西3」と「西1」が代わりに走っている。
 ニュータウンでは、同じような住宅が立ち並ぶが、よく見ると、福西東通近辺は左手に一戸建て、右手に一棟二戸タイプのテラスハウスが多い。竹の里本通を右折し、福西本通に入ると、五階建ての集合住宅が左右両側に見える。
 「福西遺跡公園前」で降りた。高層団地の手前に小高い丘が見える。園内の十段余りの階段を上ると、古墳時代後期の二つの円墳を見られる。右側の福西十号墳には横穴式石室もある。週一回、清掃する小笹雅敏さん(六九)は「見に来る人は少ないね」。
 近くの福西会館を訪ねた。地域のお年寄りが集まり、井戸端会議の真っ最中。「西8は便利」「でも桂駅まで二百三十円は高いわ」「本数も少ない」。市バス論議は、予想以上に白熱した。

 【メモ】 主な経路は洛西バスターミナル〜東新林町〜新林池公園〜境谷大橋〜南福西町2丁目〜北福西町〜三ノ宮街道〜野田町〜桂駅西口。営業距離は往復とも9.8キロ。平日運行回数は30回。1日の乗客数1286人(2004年度市交通局調べ)