京都新聞TOP > 観光アーカイブ > 京都・滋賀観光深堀り
インデックス

早朝「三文の徳」実感

座禅会 庭の掃除や禅問答も
早朝から作務を行った後、座禅を組む市民たち(7月24日午前10時、京都市左京区・光雲寺)

 うだるような京都の夏。昼間の熱気の中、出掛けるのも、室内で一日中過ごすのも、気が滅入ってしまう。京都には座禅会や朝がゆ、朝市、朝ヨガなど早朝ならではの楽しみができる場所も多い。いつもより少し早起きして、さわやかな空気の中、「三文の徳」を見つけてみませんか。

料亭の朝がゆ 遠方からの客絶えず

 京都市左京区の南禅寺塔頭、光雲寺。禅僧の修行を体験してもらおうと、座禅会「一空会」を月に2回開いている。午前8時ごろから庭の掃除などをする「作務(さむ)」を約1時間行った後、1時間の座禅、昼食、さらに午後も1時間の座禅と禅問答を行う。

 開け放たれた禅堂は、風が通るが、外の明るさと対照的にほの暗い。親子で参加した会社員田阪明博さん(45)=大阪府枚方市=は「自分と向き合いたいと思って初めて来た。本当の良さを知るためにまた来たい」。

 老舗料亭の朝がゆも京都ならではのぜいたくだ。明治初期に始めたという瓢亭(左京区)の朝がゆは、遠方からも食べに来る人が絶えない夏の名物となっている。ふっくらとねばり、透明感のある甘さのおかゆに、だしのあんをかける。おかずは炊き合わせた季節の野菜や塩焼きのアユ。真夏の朝でもすっと体に入っていく。

 8月上旬、朝がゆを目当てに夜行バスで訪れたという会社員長澤由紀さん=東京都=は午前8時から本館の茶室で約1時間過ごし、「こんな特別な朝ご飯は初めて。東京ではできない経験」。15代目若主人の高橋義弘さん(37)は「夜の懐石は時代によって品書きが変わるが朝がゆだけはそのまま」と話す。ほかの料亭でも、夏場に朝がゆを提供するところは多い。

自転車で1時間、朝市へ 出勤前、ヨガですっきり

新鮮な地元の野菜が人気の大原ふれあい朝市。毎週仲間と訪れるサイクリング愛好家もいる(7月31日午前8時、左京区)

 早起きして体を動かしながら夏の朝を楽しむ京都市民も目立つ。

 毎週日曜日に左京区大原で開かれているふれあい朝市。地元で採れた新鮮な野菜や手作りのパン、漬け物などが販売され、市民や観光客でにぎわう。

 5年前から毎週サイクリング仲間と訪れる美容師の安川優さん(62)=伏見区=は、午前6時に北山大橋(北区)を出発し、約1時間かけ大原へ。メンバーは当初2人だったが二十数人に増え、「ASAICHI」と書かれたそろいのジャージも作った。出勤前の人もいるといい「一汗流すとすっきりするし、おいしい野菜も買える」と笑った。

 一週間の始まりに「朝ヨガ」を、と毎週月曜日午前8時から教室を開くのはインストラクター曽和ひろみさん(35)=北区=。畳部屋で音楽に合わせゆっくりとした動きのヨガを約1時間行う。最後は照明を消した状態で寝ころび「一週間、心と体が健康でありますように」とささやく。出勤前の会社員渡部愛さん(35)=左京区=は、「朝が慌ただしいと思考がまとまりにくいが、ヨガの後はスムーズになる。朝起きるのが楽しみ」と話していた。

夜行バス利用者 大浴場に行列

夜行バスの利用者で早朝から行列ができる大浴場(6日午前7時15分、下京区・京都タワーホテル)

 夜行バスで京都を訪れた観光客は、ユニークな方法で早朝を有効活用している。

 京都駅前の京都タワーホテル大浴場(下京区)は午前7時から営業し、夏休み中の土曜日朝は入り口に行列ができるほどの人気だ。7月下旬、東京から来た会社員水越麻美さん(24)は友人2人と大浴場を訪れた。7時10分に着いたが、女性風呂は満員でしばらく待つことに。それでも「朝早くに見るところもなく、さっぱりできるのでうれしい」。同ホテルによると、多い時は7〜8時に男女合わせて約120人が訪れるという。

 朝にラーメンを食べる「朝ラー」も、流行の一つ。京都駅近くの人気店「第一旭」は午前5時、「新福菜館」は7時半の開店で、福岡市から夜行バスで来た酒見幸男さん(39)は「有名な店で、朝にしっかりごはんを食べられるのが楽しみ」と7時35分に入店した。

静かな境内で30分うたた寝

 記者も7月30日の午前7時半ごろ、京都駅からバスで、嵐山に向かった。普段は観光客でごった返す天龍寺(右京区)に着いたのは、8時すぎ。拝観は8時半からだが、境内に入ることができ、放生池の美しい薄桃色のハスを眺めて過ごす。そのまま「竹の小径(こみち)」を散歩し、9時すぎに常寂光寺に到着。境内には誰もいない。本堂の縁側に腰をかけると、庭の青モミジから透き通る柔らかな日差しに包まれ、30分ほどうたた寝をした。

 寺を出て再び竹の小径へ。午前9時半営業の人力車に出会う。一番乗りしたという会社員水野洋子さん(27)=静岡県=は「涼しくて、すいすい走れてよかった」と満足そう。手軽な値段で湯豆腐を提供する屋台で朝ごはんを食べて、嵐電嵐山駅に到着したらまだ11時前だった。

【2011年8月10日掲載】