京都新聞TOP > 観光アーカイブ > 京都・滋賀観光深堀り
インデックス

観光ラン 気ままに楽しく

おしゃべりしながらゆっくり回る
観光地を走って巡る人たちが増えている。景色を見ておしゃべりしながらゆっくり走るのが楽しいという(京都市右京区)

 ランニングやマラソンには興味があるけれど…つらそう、と思ってはいませんか。ゆっくりと走り、時には歩いたり、足を止めて名所を巡る「観光ラン」を楽しむ人が増えています。社寺が点在し、平地が多い京都はコースが作りやすく、多彩なルートが紹介されています。友だちとおしゃべりしながらゆっくり走るのが流儀。秋の観光シーズンも幕開け、今年は「観光ラン」で、ひと味違った古都を味わってみてはどうでしょう。

初対面でも仲良く 甘味食べることも

駅に集合する。ウエストポーチやリュックに詰める荷物は最小限だが、カメラは必須だ(西京区・阪急嵐山駅)

 9月上旬の午前10時、40〜60代の男女10人がカラフルなウエア姿で阪急嵐山駅(京都市西京区)に集まった。竹の小径(こみち)や野宮神社、大覚寺など嵐山・嵯峨地域に点在する名所を巡りながら、約10キロを走る。

 リーダーはランニング歴15年の秋房真理さん(49)=右京区=。数年前から仲間に頼まれ、京都を案内している「観光ラン」の達人だ。この日参加するのはインターネットの交流サイトなどでツアーを知った人たち。記者は自転車で並走した。

 軽い体操の後、ゆっくりした速さで渡月橋へ。狭い歩道では歩行者とぶつからないよう慎重に走る。天龍寺から竹の小径へ入った。井口邦弘さん(67)=兵庫県伊丹市=が「青々としてさわやか。気持ちいい道だね」と感心する。

 出発から20分、目的地の一つ、野宮神社に到着した。源氏物語の舞台でもあり、縁結びで知られる。早速、手を合わせる参加者も。「走るのはいわば交通機関の代わりで、競争やトレーニングではない。途中で甘味を食べることもありますよ」と秋房さんは笑う。

 奥嵯峨を抜けて大覚寺に至るころには、参加者もすっかり打ち解けている。「最近、うちの子勉強しないのよ」「おいしいレストラン、知ってる?」。おしゃべりが絶えない。「初対面でもすぐに仲良くなれます」と、花谷めぐむさん=伏見区=はうれしそうだ。

 北嵯峨への途上、ハスの花をカメラで撮影する。田んぼのそばを駆け抜ける。実りの時期を迎えた稲穂が風に揺れ、深呼吸する。

 大型商業施設でトイレを拝借後、車折神社を参拝して、起点の嵐山駅へ戻った。

 真剣に走れば約1時間の距離を2時間半。到着後はランチを楽しみ、ビールでのどを潤す人も。石原めぐみさん=堺市=は「アップダウンが少なく、名所もたくさん。京都は本当に楽しい。車のように渋滞に悩まされず、もちろん徒歩よりたくさん回れました」と満足そうだった。

ストレス発散、脚力もつく こまめに給水、境内は歩こう

目当てのスポットに立ち寄るのが観光ランの流儀。止まったり歩いたりしながら無理なく巡っていく(右京区・野宮神社)

 秋房さんは「京都を走る−ランでめぐる京都穴場スポット」を今月出版した。観光ランの魅力について「季節や歴史を感じながら気ままに走れる。止まっても休んでもいいので、頑張ることなく自分のペースでストレス発散になる」と話す。

 トレーニングではないが、仲間と景色などを楽しんでいると意外に長距離を走れるので脚力もつくという。「幕末史跡巡り」「ミステリー巡り」などテーマ設定すれば面白いといい、著書にはおすすめの15コースが地図付きで掲載されている。

 とはいえ、観光地でのマナーや健康管理は重要だ。「ぜったい楽しい! 観光ランのススメ。」としてHPで京都を紹介している名古屋ランニングジャーナルの古橋圭介さん(43)=名古屋市=は注意点として▽混んでいる所や境内は歩く▽歩道や(歩行者を)追い抜くときは注意する▽こまめな給水▽疲れたらバスや電車に乗る−などを挙げた。

シャワー付きカフェ登場

シャワーやロッカーを併設したカフェ。黒板には、ランナー同士が交流できる情報が書かれている(西京区・musubi―cafe)

 汗をかいた後は帰宅前にさっぱりしたい。昔ながらの銭湯も活用できるが、新たにシャワー付きカフェが京都市内に登場した。

 西京区嵐山の「musubi―cafe」は2009年4月オープン。シャワーとロッカーがあり、ランナー向けのイベントを定期的に開く。カフェの黒板には、マラソン大会や交流会の情報も。

 ひらばやしひろみ店長(36)は「『ラン友』の和が広がり、高め合ってほしい」と話す。カフェ主催の初心者講習をきっかけにランナー歴1年半の樋口晴美さん(40)=南区=は「仲間が多くできたからこそ続いている。観光ランも、新鮮で楽しい」と笑顔だった。

 中京区のオフィス街にある施設「ECO通ステーション」は、ロッカーやシャワーがあり、ランナーや自転車通勤の拠点となっている。「9月に入り、観光ラン目的のお客さんが増え始めました」と話している。

【2011年9月14日掲載】