京都新聞TOP > 観光アーカイブ > 彦根築城400年祭
インデックス

すごーい人気 ひこにゃん・シンボルマーク

地元企業以外からも 使用申し込み殺到
キャラクターの「ひこにゃん」やシンボルマーク商品
 二十一日から始まった国宝・彦根城築城四百年祭のキャラクターとシンボルマークを商品に使いたいという企業などからの申請が相次いでいる。地元企業だけでなく、大手企業からの申し込みもあり、件数はすでに三百五十件を突破。さまざまなところでキャラクターの「ひこにゃん」や彦根城のマークがお目見えしている。
 主催者の同祭実行委員会によると、二十六日までに三百六十七件のシンボルマークなどの使用許可の申請があった。昨年末時点で百六十三件だったのが、特に今年に入り件数が急激に増え、三カ月もたたないうちに倍以上になった。
 利用目的は、旅行パンフレットやチラシなどへの印刷が多いが、グッズの製作も目立つ。ひこにゃんのぬいぐるみのほか、ひこにゃんがプリントされたネクタイ、シンボルマークの入ったバッグなど、同実行委のホームページで紹介しているものだけでも百十二点に上る。また、彦根市に接する多賀町に工場を持つキリンビールは、缶に彦根城を描いた缶ビールを二十日から発売するなど、大手企業からの協賛も相次いでいる。
 四百年祭の記念PR宅急便伝票を作ったヤマト運輸滋賀主管支店(栗東市伊勢落)は「宅急便は全国に送られるので四百年祭の格好のPRになる。この機会に、地元の企業にぜひ利用してほしい」と話す。
 シンボルマークの使用は、承認されれば企業も個人も無料でできるため、申請件数が伸びているとみられ、同実行委は「四百年祭をバックアップしたいという気持ちの現れでは。シンボルマークなどを使って、多くの人が祭りを盛り上げてほしい」と話している。
【2007年3月27日掲載】