京都新聞TOP > 観光アーカイブ > 彦根築城400年祭
インデックス

”来城“50万人なり

ひこにゃん人気後押し 180日で達成
主催者の予想を上回るペースで築城400年祭の入場者が50万人を突破した彦根城(彦根市金亀町)
 彦根城一帯で開催中の国宝・彦根城築城四百年祭(彦根市など主催)で、百八十日目にあたる十六日に、来場者が五十万人を突破した。主催者の予想より五十日以上早い。
 午前十時、五十万人目となった富山市八町の会社員有泉孝さん(六七)ら四人グループに、大手門付近で獅山向洋市長や北村昌造四百年祭実行委会長が記念品を贈った。有泉さんは「井伊家とゆかりのある静岡県浜松市の出身なので、彦根城は一度訪れたいと思っていた」と喜んだ。彦根城はこの日も多くの人が訪れ、天守閣は三十−四十分待ちとなった。
 四百年祭実行委は開幕前は五十万人達成を十一月十八日ごろと見込んでいた、という。四百年祭キャラクター「ひこにゃん」人気も後押しし、十一月二十五日の閉幕までに目標の五十五万人を達成する見通しが強まった。
【2007年9月17日掲載】