京都新聞TOP > 観光アーカイブ > 彦根築城400年祭
インデックス

小江戸彦根の城まつり

井伊直政役に俳優・渡辺裕之さん
 第五十五回「小江戸彦根の城まつり」は今年も十一月三日を中心に開かれる。まつりのメーンとなるパレードには市民約千人が参加、彦根藩初代藩主の井伊直政公には俳優渡辺裕之さん=写真=が扮(ふん)する。
 城まつりは、彦根観光協会や市、商工会議所などの実行委が十三代藩主で幕末の大老井伊直弼(一八一五−六〇)をしのび開催。パレードのほか、変身体験、にぎわい市、観光と物産展など多彩な催しを十一月二十五日まで繰り広げる。
 三日に行われるパレードには、国宝・彦根城築城四百年祭が開催中とあって人気キャラクターの着ぐるみ「ひこにゃん」が昨年に続いて登場、愛嬌(あいきょう)をふりまく。
 市民らは、井伊の赤鬼家臣団列(約五十人)、彦根町火消し列(約百十人)、子どもによる大名・時代風俗行列(約二百人)、彦根鉄砲隊列(約十人)、マーチングバンド(約三百人)などに分かれ練り歩く。
 時間は午後一時から三時までの二時間。コースは城東小(京町二丁目)を発着する旧城下町約三キロ。
 子ども大名行列の配役は次の通り。(敬称略)
 殿さま 宮口和樹(城南小)▽家老 田嶋勇希(城北小)▽奉行 中村悠哉(佐和山小)▽直孝公 手良村知功(城西小)▽奥方 宮内里緒菜(河瀬小)▽奴頭 堤大成(若葉小)
【2007年10月23日掲載】