京都新聞TOP > 観光アーカイブ > 彦根築城400年祭
インデックス

彦根城周辺の魅力PR

一期一会の会 絵画など作品展
彦根市内の芸術家たちが出展した「彦根城を巡る作品展」(彦根市民会館)
 彦根市内で絵画や生け花教室などを主宰する芸術家団体「一期一会の会」主催の「彦根城を巡る作品展」が二十六日、同市尾末町の市民会館で始まった。国宝・彦根城築城四百年祭にあわせた作品展で、現役や故人計四十人の作品約七十点が並び、観光客や市民らの関心を集めている。
 日ごろの創作活動の成果を披露するとともに、観光客に地元の目から見た彦根城周辺の魅力をPRしようと開いた。
 会場には、堀を鮮やかに彩る桜や厳かにそびえる天守閣、城下に広がる梅林などを描いた絵画や工芸、写真、書、生け花、陶芸などが展示されている。同会事務局の北村美智代さん(72)は「質の高い作品を多くの人に見てほしい」と話している。二十八日まで。入場無料。
【2007年10月27日掲載】