京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 京都市新景観条例
インデックス

京都会館ホール 建て替え案採用

現行より3メートル高く
 京都市は23日、京都会館(左京区)の再整備基本計画を策定した。5月に示した第1ホールの建て替えと増築の2案を検討した結果、建築費用が安く、舞台機能面で優れている建て替え案を採用することにした。

市、規制緩和へ

 計画では、建築家前川國男氏が設計した建物の保存改修を基本とし、その上で第1ホール(2千席)は解体し建て替える。これによって舞台の高さを13メートルから27メートルに上げ、奥行きも12メートルから20メートルに広げる。音響や照明などの機能を拡充する。第2ホールも舞台を拡張し、会議場は演劇やライブを行う小ホールとして再整備する。

 また岡崎地域一帯の活性化の拠点とするため、1階部分にカフェなどを設けて、にぎわいを創出する。

 総事業費は89億円で、市は半導体メーカー・ローム(右京区)に50年間の命名権を50億円で売却して財源に充てる方針。2011年度に設計に着手し、14年度の完成を目指す。

 計画では、施設の高さが現行(27・5メートル)より3メートル程度高くなり、新景観政策で定められた規制(15メートル)を超えるため、市は都市計画の変更で高さ制限を緩和する方針。

【2011年6月24日掲載】