京都新聞TOP > 京都新聞まちかどトマトミーティング

京都新聞まちかど
トマトミーティング(mtm)

 京都新聞の現役・OB記者や社外講師を地域に派遣し、新聞などに親しんでもらう講座です。内容は「時事問題解説」「記者に学ぶ写真の撮り方」や教養講座。京都新聞の販売所や地域の団体、企業などで随時開催します。問い合わせや申し込みは読者交流室
TEL:075(241)5295。
e-mail:kouryu-s@mb.kyoto-np.co.jp
インデックス

和菓子講座楽しいね 亀岡

まわしよみ新聞で交流も 
和菓子店主の指導で塩豆大福作りに挑戦する参加者(亀岡市余部町・ガレリアかめおか)
和菓子店主の指導で塩豆大福作りに挑戦する参加者(亀岡市余部町・ガレリアかめおか)

 京都新聞まちかどトマトミーティングが5月26日、亀岡市余部町のガレリアかめおかで開かれた。参加者は和菓子講座やまわしよみ新聞で交流を深めた。

 京都新聞亀岡センター販売所が主催し、27人が参加した。和菓子講座は、同市曽我部町の和菓子店「ひろ季や」の店主家本浩さんを講師に迎え、塩豆大福作りに挑戦した。

 家本さんは「あんを押し込むように、やさしく包んで」と作り方をアドバイス。参加者は「柔らかくておいしい」と、出来たての大福をほおばった。

 その後、グループごとに新聞を読み、気に入った記事を切り抜いて模造紙に貼り付け、壁新聞を作る「まわしよみ新聞」を協力しながら完成させた。

 同市千代川町の主婦薩摩和子さん(77)は「和菓子に引かれて参加したが、新聞についても新たな気づきがあった」と話していた。

【2018年06月02日掲載】