京都新聞TOP > スポーツTOP > 山瀬理恵子のアス飯

梨とゴボウの変わりダネ蕎麦寿司

レシピ

写真

















【材料(2人分)】
焼き海苔 2枚
蕎麦 50g
さけるチーズ 1本
ゴボウ、梨、きゅうり=各1/2個
しょう油 小さじ1

<作り方>
(1)ゴボウは斜め薄切り、梨は皮付きのままみじん切りにする。きゅうりは縦1/4に切り分け、チーズは手で細く割いておく。
(2)オリーブオイルをしいたフライパンで、ゴボウと梨を炒め、仕上げにしょうゆを回し入れる。蕎麦は端をタコ糸で縛り、少し固めに湯がき、冷水にとってから、よく水気を切る。
(3)海苔の上に蕎麦、きゅうり、炒めたゴボウと梨を乗せて巻き、食べやすい大きさに切り分ければできあがり。

<メモ>
蕎麦は、白米や小麦など他の穀物と比べてアスリートの筋肉作りに欠かせないたんぱく質や必須アミノ酸が豊富に含まれます。疲労回復に役立つビタミンB1を始めB2、Eなどのビタミンも多く、栄養価の高い食材です。蕎麦に含まれるルチンはビタミンCの吸収を促し、強力な抗酸化作用を持ちます。

秋の味覚の梨は、夏バテした体を回復し、消化を促進する効果が期待できます。カリウムが豊富で、ビタミンやミネラルは汗と一緒に流失しがちなので、残暑で汗をかいたときなどの栄養補給に最適です。
香り高いごぼうは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく含みます。巻き寿司に欠かせない海苔は鉄分を非常に多く含みます。

 

【2016年09月20日】