京都新聞TOP > スポーツTOP > 山瀬理恵子のアス飯

和風おにぎりのみそ茶漬け

レシピ

和風おにぎりのみそ茶漬け














【材料(2人分)】
ご飯          茶碗2杯分
とろけるスライスチーズ    2枚
梅干し           2個
大葉           5枚
オクラ           4本
ニラ           1/4束
熱湯           適量
ネギ、ショウガ、みそ、  =各大さじ1
刻みのり

<作り方>
(1)ボウルにご飯にチーズと梅干しの叩いたもの、粗みじん切り大葉を混ぜ、おにぎりを作る。
(2)大きめのお碗に、ショウガ、みそを入れ、上から熱湯をかけてかき混ぜ、(1)のおにぎりを浸し、湯がいたオクラの輪切りや刻んだニラを入れ、上から刻みのりをかけたらできあがり。

<メモ>
 みそ汁はスポーツ選手の真夏の塩分補給に欠かせません。冷房でも冷えないようショウガの辛味成分ジンゲロール、ショウガオールで新陳代謝の活性化を。チーズは骨や筋肉を作る貴重なタンパク源。成長期からとる習慣を。梅干しのクエン酸は疲労回復効果があるほか、リンゴ酸やコハク酸も含むので夏バテの解消に。ニラはスタミナアップのアリシン、オクラはねばねば成分のムチンを含み弱った胃腸を修復します。

【2016年08月23日】