京都新聞TOP > スポーツTOP > 山瀬理恵子のアス飯

鶏肉のトマト煮 猟師風

レシピ

写真

 












<材料4人分>

鶏むね肉   2枚
椎茸     4枚
玉ねぎ    1個
ブロッコリー  1房
にんにく     1片
トマト缶    1缶
お酢     50cc
オリーブオイル、塩こしょう、=各適量
小麦粉

<作り方>
(1)鶏むね肉は5センチ角に切る。玉ねぎ、椎茸は2センチ幅、にんにくは薄切りにする。フライパンにオリーブオイルを熱し、あらかじめ塩こしょうして小麦粉を薄くつけた鶏肉を色よく両面を焼き、いったん取り出しておく。
(2)(1)のフライパンに(脂が多いようなら少し拭う)にんにく、玉ねぎ、椎茸を入れて炒め、更にお酢を加えてしっかりと煮詰める。酸味が苦手な場合は、少量のケチャップ、または砂糖を足す。
(3)(2)に鶏肉とトマトを加え弱火で10分。途中小房にしたブロッコリーを加え火が通ったら、塩、こしょうで味を整えて出来上がり。
 
<メモ>
 試合後の疲れた身体に最適な、疲労回復だけでなくリフレッシュも出来るメニューです。ハードな試合で食欲が落ち気味の時は、にんにくなどの香味成分を利用すると食欲増進効果が期待出来ます。
 高タンパク低カロリーの鶏むね肉で良質なたんぱく質の補給を。近年、鶏むね肉の疲労回復効果が注目を浴びています。トマトのリコピンには強い抗酸化作用があり、生のトマトより缶詰の方が栄養価が高くなります。オリーブオイルと炒めると更にリコピンの吸収率がアップします。にんにくや玉ねぎに含まれるアリシンは疲労回復に効果が高く、ブロッコリーに含まれるビタミンB1により効果が持続します。
 ブロッコリーはビタミンとミネラルが豊富な免疫力アップ食材。特にストレス撃退のビタミンCが豊富で、骨の成長に欠かせない栄養素も含まれています。
 ごちそう料理で栄養価抜群!明日に疲れを残さない元気一杯のからだへ!

 

【2016年05月24日】