京都新聞TOP > スポーツ > 全国都道府県対抗女子駅伝アーカイブ > 原裕美子
インデックス

栃木を引っ張る世界ランナー

原裕美子(第19回大会)
第19回大会、栃木のアンカーでゴールした原
中学時代から女子駅伝で栃木の2区、3区を任された逸材。 京セラ入り後の第20回大会では5区で一気に先頭に立ち、 6年ぶりの京都優勝の立役者となった。実業団でも 栃木のふるさと選手としてチームを引っ張る。

原の戦績
2005年世界陸上ヘルシンキマラソン6位
2007年世界陸上大阪マラソン18位