京都新聞TOP > 京都サンガ応援特集

仙頭、サンガ加入へ

東洋大MF、京都橘高で準優勝導く

サンガのトップチームに練習参加した東洋大の仙頭(東城陽グラウンド)
サンガのトップチームに練習参加した東洋大の仙頭(東城陽グラウンド)

 2012年度の全国高校サッカー選手権で京都橘高を準優勝に導いた東洋大4年のMF仙頭啓矢(21)が来季、京都サンガFCに加入することが29日、関係者への取材で分かった。

 仙頭は大阪府枚方市出身で、170センチ63キロ。ボールテクニックに優れ、得点能力も高い攻撃的MF。高校3年時の同選手権では、小屋松知哉(現名古屋)とともに大会得点王となり、日本高校選抜にも選ばれた。

 東洋大では1年から主力でプレー。J1クラブからも誘いがあったが、サンガでプレーすることを決めた。京都橘高を経てのサンガ加入内定は、同高3年の岩崎悠人に続き2人目。

【2016年08月30日掲載】