京都新聞TOP > スポーツニュース > 大学野球
インデックス

立命大、5-0で同大に快勝

同大-立命大 5回表立命大無死一塁、辰己が右越え本塁打を放ち2-0と先制する(わかさスタジアム京都)
同大-立命大 5回表立命大無死一塁、辰己が右越え本塁打を放ち2-0と先制する(わかさスタジアム京都)

 関西学生野球は25日、わかさスタジアム京都で「同立戦」など1回戦2試合を行い、すでに優勝を決めている立命大は5-0で同大に快勝した。最下位が確定している京大は0-9で近大に大敗した。

 立命大は0-0の五回無死一塁から主将の辰己(4年、社)が右越えに2点本塁打を放って先制し、七回は三宅(2年、神港学園)の二塁打などで3点を加えた。同大は主将の福島孝(4年、大阪桐蔭)が力投したが、七回に味方の失策も絡んで崩れた。

 京大は0-1の六回に先発藤原(3年、東海大仰星)が長短打を浴びて2失点。打線も、近大の小寺(4年、岡山理大付)に完封勝利を許した。

【2018年05月25日配信】