京都新聞TOP > スポーツニュース > 立命館宇治、初戦敗退 選抜高校野球
インデックス

立命館宇治、初戦敗退 選抜高校野球

選抜高校野球
 立命館宇治―広陵 1回裏立命館宇治2死満塁、清水の適時二塁打で、小嵜(2)に続き二走の田口も生還、4―1とする(甲子園球場)

 第82回選抜高校野球大会第2日は22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦3試合が行われ、京都の立命館宇治は6−7で広陵(広島)に競り負け、初戦敗退を喫した。

 立命館宇治は1点を追う初回2死から、4長短打を集めて4−1とリード。しかし守備の乱れも加わってエースの川部が三、五回に3点ずつを失い、逆転を許した。打線は2点を追う最終回に1点を返し、さらに2死一、三塁と同点機を迎えたが生かせなかった。

▽1回戦

広   陵(広島)103030000=7

立命館宇治(京都)401000001=6

【2010年3月22日掲載】