京都新聞TOP > スポーツニュース > 向陽と広陵、宮崎工が2回戦へ
インデックス

向陽と広陵、宮崎工が2回戦へ

選抜高校野球第2日

 第82回選抜高校野球大会第2日は22日、甲子園球場で、1回戦3試合を行い、21世紀枠の向陽(和歌山)、初出場の宮崎工(宮崎)、過去3度選抜大会を制した広陵(広島)が2回戦に進出した。

 36年ぶりに出場した向陽は藤田が1失点完投の活躍で、昨秋の中国大会王者の開星(島根)を2―1で下した。向陽は1965年以来、45年ぶりの甲子園での勝利。

 宮崎工は浜田が2安打完封し、15年ぶりに出場した前橋工(群馬)に4―0で快勝。宮崎工は前身の宮崎大淀時代の1958年夏以来となる甲子園勝利で、宮崎県勢は春夏通算60勝目。

 広陵は有原が13奪三振で完投し、立命館宇治(京都)に7―6で競り勝った。(共同通信)

【2010年3月22日掲載】