京都新聞TOP > スポーツニュース > 立命館宇治は2次戦から
インデックス

立命館宇治は2次戦から

春季府高校野球

 4月11日に開幕する春季京都府高校野球大会の組み合わせがこのほど、決まった。福知山成美と桃山が不祥事で対外試合禁止処分を受けているため、76校が出場する。今春の選抜大会に出場した立命館宇治は2次戦から登場する。

 1次戦はA〜Oまでの15ゾーンに分け、トーナメントを行う。昨夏の甲子園に出場した龍谷大平安は初戦の2回戦で東宇治と対戦。福知山成美は京都共栄との対戦が決まっていたが、不戦敗となる。各組1位と立命館宇治が2次戦へ進み、8強進出校に夏の京都大会でのシード権が与えられる。優勝校は5月29日から和歌山県の紀三井寺球場で行う春季近畿大会に出場する。

【2010年3月25日掲載】