京都新聞TOP > スポーツニュース > 大阪桐蔭9―2東海大望洋
インデックス

大阪桐蔭9―2東海大望洋

大阪桐蔭が快勝
 東海大望洋―大阪桐蔭 2回表大阪桐蔭1死二、三塁、西田が先制の左越え2点三塁打を放つ。投手長友=甲子園

 大阪桐蔭が快勝した。二回1死二、三塁から西田の左越え三塁打と失策で3点を先制。四回と八回に1点ずつを加え、九回はまたも西田の3点三塁打などで4点を加えた。西田は5打点の活躍。先発福本は粘り強い投球で7回を1失点。

 東海大望洋は一回1死満塁の好機を逃し、二回も得点圏の走者を生かせず、流れを呼び込めなかった。

 ▽1回戦

 東海大望洋−大阪桐蔭(9時2分、22000人)

大阪桐蔭(大阪)

   030 100 014―9

   000 001 010―2

東海大望洋(千葉)

(桐)福本、中野、山中響−江村

(望)長友、尾沢、長友−坂本(共同通信)

【2010年3月27日掲載】