京都新聞TOP > スポーツニュース > 大垣日大3―2川島
インデックス

大垣日大3―2川島

大垣日大がサヨナラ勝ち
 大垣日大―川島 10回裏大垣日大2死満塁、高田が右前へサヨナラ打を放つ。捕手南=甲子園

 大垣日大は2―2の延長十回2死満塁から、高田が右前打を放ってサヨナラ勝ちした。追う展開を強いられたものの、葛西が12三振を奪う力投で粘り、サヨナラ勝ちにつなげた。

 川島は追い付かれた直後の八回1死二、三塁をスクイズ失敗などで生かせなかった。十回の守りは満塁策を取って2死までこぎ着けたが、最後に打たれた。

 ▽1回戦

 大垣日大−川島(11時44分、31000人)

川島(徳島)

   010 001 000 0 ―2

   010 000 100 1X―3

大垣日大(岐阜)

(延長十回)

(川)東谷−南

(大)葛西−時本(共同通信)

【2010年3月27日掲載】