京都新聞TOP > スポーツニュース > 広陵、興南など準決勝へ
インデックス

広陵、興南など準決勝へ

選抜高校野球第9日

 第82回選抜高校野球大会第9日は31日、甲子園球場で準々決勝4試合を行い、広陵(広島)興南(沖縄)大垣日大(岐阜)日大三(東京)が準決勝に進み、ベスト4が出そろった。

 広陵は夏春連覇を狙う中京大中京(愛知)を5―1で破り、春は優勝した2003年以来の4強進出を決めた。興南は左腕島袋が5安打完封し、帝京(東京)に5―0で勝って選抜大会では初の4強入り。

 昨秋の明治神宮大会を制した大垣日大は10―1で北照(北海道)を下し、初出場で準優勝した07年以来のベスト4進出。日大三は敦賀気比(福井)に10―0で大勝。春の甲子園で準決勝進出は準優勝した1972年以来38年ぶり。

 1日の準決勝は日大三―広陵、興南―大垣日大となった。(共同通信)

【2010年3月31日掲載】