京都新聞TOP > スポーツニュース > 比叡山、北大津が決勝へ
インデックス

比叡山、北大津が決勝へ

春季高校野球滋賀県大会準決勝
近江兄弟社−比叡山 延長10回裏比叡山 2死二、三塁から目方の中前打が出て三走大浦(左)が決勝のホームを踏む=彦根球場

 春季高校野球滋賀県大会の第8日は1日、彦根球場で準決勝2試合を行った。比叡山は1−0で近江兄弟社に延長十回サヨナラで勝ち。北大津は10−0の五回コールドで近江に大勝した。決勝進出は比叡山が3年ぶり18度目、北大津が4年ぶり3度目となった。決勝は2日午後1時から同球場で行われる。

 近江兄弟社と比叡山との一戦は両校とも投手を軸に堅い守備を続け、0−0で延長へ。比叡山は延長十回2死二、三塁で目方が中前に決勝打を放ち、勝負を決めた。

 北大津は初回の2本塁打など計4本塁打の猛打で近江を寄せ付けなかった。

 ▽準決勝

 近江兄弟社 000 000 000 0=0

 比 叡 山 000 000 000 1=1(延長十回)

 ▽準決勝

 近   江 000 00=0

 北 大 津 430 3X=10(五回コールド)

【2010年5月1日掲載】