京都新聞TOP > スポーツニュース > 府立工と京都成章、決勝進出
インデックス

府立工と京都成章、決勝進出

春季高校野球京都府大会
 府立工−京都外大西 二回裏府立工1死満塁、木戸涼が走者一掃の左中間二塁打を放つ(わかさスタジアム京都)

 春季高校野球京都府大会の2次戦第5日は15日、わかさスタジアム京都で準決勝を行った。府立工が京都外大西に11−1で五回コールド勝ちし、京都成章は峰山を6−0で下し、それぞれ決勝に進出した。

 府立工は二回無死一塁から西山の中越え二塁打で先制し、さらに4長短打とスクイズを絡め一挙6点を奪った。五回にも5点を加え、コールド勝ちした。京都成章は初回に氏田の左犠飛で先制すると、五回には2死一塁から死球を挟む4連打で5点を追加。2人の継投で峰山打線を無得点に抑えた。

 16日は午前10時から3位決定戦を、午後0時半から決勝を同球場で行う。

 ▽準決勝

峰  山 000 000 000=0

京都成章 100 050 00X=6

 ▽準決勝

京都外大西 001 00=1

府 立 工 060 05=11

      (五回コールド) 

【2010年5月15日掲載】