京都新聞TOP > スポーツニュース > 府立工が初優勝
インデックス

府立工が初優勝

春季高校野球京都府大会
 京都成章―府立工 5回裏府立工無死三塁、嶋田が中前適時打を放ち4―0とする(わかさスタジアム京都)

 春季高校野球京都府大会の2次戦最終日は16日、わかさスタジアム京都で決勝を行い、府立工が4−1で京都成章を破り、初優勝を果たした。3位決定戦は京都外大西が5−3で峰山を下した。

 府立工は初回、振り逃げと犠打などで2死三塁とし、暴投で1点を先制。三回には1死二塁から嶋田、梅原の連続二塁打で2点を加えた。先発の西山は八回にソロ本塁打を浴びたものの、緩急をつけた投球で散発の3安打に抑え、完投した。

 府立工は29日に和歌山県の紀三井寺球場で開幕する近畿大会に出場する。

▽決勝

京都成章 000 000 010=1

府立工  102 010 00X=4

▽3位決定戦

峰   山 002 000 010=3

京都外大西 010 002 02X=5

【2010年5月16日掲載】