京都新聞TOP > スポーツニュース > 能代サヨナラ勝ちで決勝へ
インデックス

能代サヨナラ勝ちで決勝へ

全国高校軟式野球第5日

 全国高校軟式野球選手権第5日は29日、明石公園野球場で、28日に0―0で延長十五回規定によりサスペンデッドゲーム(一時停止試合)となっていた準決勝の残り1試合を十六回から再開し、能代(北東北・秋田)が十八回、1―0で中京(東海・岐阜)にサヨナラ勝ちした。能代は30日の決勝で新田(四国・愛媛)と対戦する。

 能代は十八回2死一、二塁から相沢が中前打を放って試合を決めた。28日に続き加賀谷が登板し、合計275球を投げて完封した。(共同通信)

【2010年8月29日掲載】