京都新聞TOP > スポーツニュース > 春夏連覇の興南高が快勝
インデックス

春夏連覇の興南高が快勝

千葉国体第5日
 興南―仙台育英 先発し力投する興南・島袋=銚子市野球場

 第65回国民体育大会「ゆめ半島千葉国体」(千葉国体)第5日は29日、千葉県各地で行われ、公開競技の高校野球硬式は甲子園大会で史上6校目の春夏連覇を成し遂げた興南(沖縄)が1回戦で仙台育英(宮城)に8―2で快勝し、準々決勝に進んだ。2試合が行われた準々決勝では東海大相模(神奈川)が5―1で北大津(滋賀)を破り、明徳義塾(高知)は成田(千葉)に10―2で勝った。

 ボートの成年男子シングルスカルは、五輪に北京まで4大会連続出場した愛媛の武田大作が12度目の優勝を果たした。バスケットボール女子は少年の北海道、成年の千葉が、ともに初優勝。同成年男子は千葉が2年ぶり5度目の制覇。(共同通信)

【2010年9月29日掲載】